米次期大統領、世界の最大リスクと認定されてしまう ・・・一番喜んでいるのはあの国か?

3pt   2021-01-13 15:05
ファンサマリィ

(古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授)

JBpressですべての写真や図表を見る

 2021年の国際的な最大リスク(危険)は、米国46代目の大統領となるジョセフバイデン氏だ――。こんな予測を国際的に著名な米国の政治学者イアン・ブレマー氏が1月冒頭に打ち出した。同氏が代表を務める国際情勢分析機関「ユーラシア・グループ」が、「2021年のトップリスク」という報告書で発表した。

 この予測では、新しい年の国際リスクが1位から10位まで挙げられ、そのトップが「第46代アメリカ大統領」と明記されていた。ちなみに2位は「新型コロナウイルス」、3位は「気候変動」、4位は「米中緊迫の拡大」、以下は「サイバーの混乱」や「中東の低油価危機」「メルケル首相後の欧州」などと続いていた。

b650x400l.webp?key=c4ccc5317b805e458167b米デラウェア州ウィルミントンのクイーンシアターに入っていくバイデン次期大統領(2021年1月10日、写真:AP/アフロ) c?ro=1&act=rss&output=no&id=8105726&name
   【総合】アニメ・ゲームあんてなトップページへ
の話題が沢山。