P「手のひらからチロルチョコが出てきた」

28pt   2018-06-13 20:05
SSマンション-SSのまとめブログ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 21:36:50.07 ID:LUcLGplOo

ポロポロッ コロン
P「・・・な?」

伊織「な?じゃないわよ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1521117409

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 21:37:57.43 ID:LUcLGplOo

~~遡ること1時間ほど前~~

打ち合わせ中デス!
小鳥「~それで、この資料なんですが・・・」

P「ああ、それはこうなってて」

春香「なるほど!そうなんですね!」

P「そうそう、で、ここで注意してほしくて」
コロンッ

小鳥「?・・・プロデューサーさん?何か落ちましたよ?」

P「え?どれですか?」

春香「あ、これですね」ヒョイ

小鳥「それって・・・」

 

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 21:38:58.04 ID:LUcLGplOo

春香「チロルチョコ?」

P「チロルチョコ?いや、俺のじゃないな。最近買ったこともないし」

小鳥「誰かから貰ったとかありませんか?」

春香「えっ!?だ、誰から貰ったんですか!」

P「ちょちょ、貰った記憶もないよ。もっぱら春香からのお菓子ばかりだな」

春香「そ、そうなんですね。えへへぇ~♪」

小鳥「う~ん。私の引き出しお菓子棚にもチロルチョコは無いですし・・・春香ちゃんは?」

春香「たまに買ったりしますけど、今日は持ってきたりしてないですよ」

P「なるほど、この場にいる全員が持ち主じゃないと・・・」

 

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 21:39:48.78 ID:LUcLGplOo

春香「謎ですね」ペリペリ

P「春香?なんで包装剥がしてるんだ?」

春香「えっ?・・・あっ、持ってたらつい癖というか何というか!」パッ

小鳥「わかるわ。個包装のお菓子って、話しながら開けちゃうわよね」

P「出所が分からないんだ。ちゃんと包装されていたから大丈夫だとは思うが、少しは警戒するんだぞ」

春香「は、はい・・・」

小鳥「そうねぇ、ファンからのプレゼントも食品は基本的にNGしてますしね」

 

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 21:40:24.86 ID:LUcLGplOo

P「そうだな、皆に何かあってからじゃおそ・・・」ポロッ

小鳥「えっ?」

春香「あっ」

P ポロポロポロッ・・・

P「え?」

小春P「「「えぇぇえええーーーー!!!!」」

 

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 21:41:41.29 ID:LUcLGplOo

~~現在に至る~~

P「と、いうことなんだ」

伊織「何が『と、いうことなんだ』よ!さっぱり意味が分からないじゃない!」

亜美「まぁまぁいおりん、兄ちゃんからチロルチョコが出るってジジツだけで良いじゃないか」

伊織「聞いたことないわよ!人の手のひらからチョコが出るなんて!」

P「チロルチョコな」

伊織「どうだっていいでしょ!!」ゲシッ

P「ありがとうございますっ!」

あずさ「ちゃんと個包装されて出てきますしね~。衛生面でも問題ないわね」

伊織「あずさまで何言って・・・こんなやつから出てきたチョ・・・チロルチョコを食べようっての!?」

春香「味はフツーのチロルチョコだよ?イチゴのやつ」モグモグ

伊織「って食べてるし!」

 

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 21:43:10.50 ID:LUcLGplOo

律子「はぁ・・・私はまだ頭が整理しきれてないんですが、プロデューサー?」

P「ん?どうした?」ポロポロ

律子「他に異常はあったりしませんか?体調が優れなかったりとか」

P「いや、ないな。いつもと変わらないよ」

律子「そうですか・・・それじゃ、そのチロルチョコは出そうと思って出るものなんですか?」

P「ん~そうだな、ンッ」ポロポロポロ

亜美「わ!いっぱいでた!」

 

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 21:44:10.41 ID:LUcLGplOo

P「でるな」

律子「・・・逆に止めようと思えば止められるんですか?」

P「ンッ・・・」

春香「・・・・・・出てきませんね」

P「止められるみたいだな」ポロッ

伊織「言ってるそばから漏れでてるわよ」

あずさ「ある程度は制御できるってことですね。便利ですね~」

亜美「そうだね、ちょっとお腹がすいたら兄ちゃんにお願いすればいいんだもんね!」

小鳥「事務所のオヤツ代が節約できるのはありがたいことですね」

律子「はぁ・・・まぁ、プロデューサーに不調がなければこれ以上は気にしませんが・・・何かあったらすぐに連絡してくださいね」

 

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 21:45:20.74 ID:LUcLGplOo

P「ああ、分かったよ。これから竜宮は仕事だろ?」

律子「そうですね、ですのでもう出ます。ほら3人とも、準備して頂戴ね」

亜美「あいあいさー、それじゃ兄ちゃん行ってくるね~」ヒョイパクッ

伊織「ま、まぁ向こうで小腹が空いた時用に持っていってあげるわ。有難く思いなさい!」

あずさ「いってきます~」

小春P「「「いってらっしゃーい」」」

バタンッ

小鳥「そういえばプロデューサーさん?」

P「はい?」

 

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 21:46:33.53 ID:LUcLGplOo

小鳥「そのチロルチョコって、味の指定ってできるんですかね?」

春香「あ、それ私も気になりました!」

小鳥「今までは結構ランダムにでてくるなって感じだったんですけど」

P「味指定か・・・」

春香「あ、それじゃ私ミルクがいいです!」

P「ミルクか、ちょっと待ってろ・・・ンムッ」ポロポロッ

春香「わわっ、いっぱいミルクが出てきた!」

小鳥(阿”ッ!なんていいボイス!あとで焼き増ししておこう)

春香「すごいですね!味も指定できるなんて」ペリペリモグモグ

春香「おいひー!やっぱりミルクですよミルク!」ムグムグ

 

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 21:47:32.14 ID:LUcLGplOo

P「音無さんは指定ありますか?」

小鳥「え、私ですか?え~っとそうですねぇ・・・あ、私もプロデューサーサンガダシタ(ボソッ)ミルクがいいです」

春香「小鳥さんもミルクが好きなんですね!美味しいですよね!」

小鳥「え、ええそうね!やっぱりミルクが王道よね!」

P「それじゃ、ンムッ」ポロポロッ

春香「すごーい!いっぱい出てくるー!こんなにミルクだらけなの始めてですよー!」

小鳥(緊急焼増案件)

小鳥「本当にすごいですね。用意していたお菓子入れが一杯になっちゃいました」ペリペリモグモグ

春香「ちょ、ちょっと調子に乗りすぎちゃいましたかね?あとで皆にも食べてもらわないと」

P「食べた分はちゃんと消費するんだぞ?」

春香「ひえっ!提供する本人が言うことですかそれぇ~」

 

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 21:49:12.77 ID:LUcLGplOo

その後Pは事ある毎にアイドル達からチロルチョコをせがまれたとか

真美「ふひ~ちかれたよー!兄ちゃん甘いチョコを頂戴~」

P「お疲れ様、ほらこれでいいか」ポロッ

真美「わーい!ありがとーにいちゃーん!」モグモグ

真「プロデューサー!今日はコーヒーヌガーの気分なんですよ!」

P「お、分かってるな真。ほらコーヒーヌガーだぞー」ポロポロ

真「へへっ、ありがとうございます!」

やよい「こんなにもらっちゃっていいんですかぁ!?」

P「ああ、かすみちゃんたちに分けてあげるんだぞ~」

やよい「うっうー!プロデューサー、ありがとうございまーす!」ガルーン ドササッ

やよい「はわぁっ!落としちゃいました!」ヒロイヒロイ

P「あーあー、気にするなやよい。新しいのをやるよ。落ちちゃったのは俺が食べとくからさ」

貴音「あにゃたさま、これはめんようでふね」モシャモシャペリペリモグモグ

P「ぐっ・・・出すスピードと同等の速さで食べているだと・・・!?」ポロポロポロポロ

 

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 21:50:49.67 ID:LUcLGplOo

~数日後~

響「プロデューサー、それ一向に治らないな」

P「あー、そうだな。なんか慣れてきたよ」ポロポロ

響「あ、アーモンド貰うねー」

P「どんどん食べなー。いくらでも出せるから」

響「最初は驚いてたけど、慣れてきてる自分がいるさー」ペリペリモグモグ

P「そうだな。前みたいにめっちゃ食べるようにもならなくなったな」

響「皆一応アイドルだしな。食べ続けることに抵抗があったりするさー」ムグムグ

P「年頃の女の子だしなぁ」

 

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 21:51:36.78 ID:LUcLGplOo

響「ねープロデューサー?チロルチョコ以外に何か出せないの?」

P「どうだろな?試したことないな」

響「試しに出してみようとすれば?」ペリペリモグモグ

P「よし!・・・フンッ」カサッ ポトッ

響「おっ?」

P「こ、これは!?」ヒョイ

響「アルフォートだな」

P「だな」

響「またチョコ菓子じゃないか!!」ウガー

 

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 21:53:10.56 ID:LUcLGplOo

P「まぁまて響!これは大きな成果だぞ。意図したものを出せるんだ」

響「そ、そうだな。じゃあしょっぱいもの!」

P「任せろ!ハァー・・・柿の種!」ポトトト

響「おお!・・・おぉ・・・」

響「チョコでコーティングしてるやつじゃないか!!」ウガー

P「あ、あれぇ?おかしいなぁ・・・」

響「全く・・・」ポリポリ

響「あ、美味し」

P「しかもこれは浪花屋のやつだな。お土産にもってこいだな」ポリポリ

響「でもこれ、個包装じゃないぞ・・・」

P「来客用のお菓子として・・・出すか?」ポトトトト

 

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 21:54:45.68 ID:LUcLGplOo

~更に数日後~

春香「いやぁプロデューサーさんがいてくれて本当に助かりました!」

P「気にするな、アイドルの役に立てるんだ。プロデューサー冥利に尽きるってやつだな」

春香「それじゃ、お願いしますね?」

P「よし任せろ。フンッ」ニュニュニュ

千早「な、何度みても不思議ね・・・」

P「ふぬっ」ニュニュ パタン

春香「わあーありがとうございます!」

千早「本当にでたわね。明治ミルクチョコレート1枚丸々・・・」

P「春香、あと何枚くらいいるんだ?」

春香「えーっと、そうですね。あと4、5枚あれば足りると思います!」

 

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 21:55:58.65 ID:LUcLGplOo

P「オッケー。ハァー!」ニュニュニュニュニュ

千早「一体どうなっているのかしら・・・」

P「この板チョコも、最近出せるようになったんだ。どうやらこの力を使えば使うほど、出せるチョコのバリエーションが増えるみたいだな」

千早「はぁ・・・まぁ、なんでもいいですけど」

春香「お菓子づくりの材料費が節約できるから、その他のところでお金を掛けられるんだよ!」ワクワク

千早「そ、そうなの?だから今日は色々・・・なんというか、キラキラ粒々したものがあるのね?」

春香「手作りチョコ菓子のバリエーションが増えちゃうなーうふふ」

 

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 21:56:36.02 ID:LUcLGplOo

~アイキャッチ~

伊織「ねぇ、ちょっと何か出しなさいよ」

P「ん、ほっ」ポトッ

ホワイトロリータ

伊織「・・・変態」

P「しょ、商品名だろ!!」

 

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 22:17:42.63 ID:LUcLGplOo

~更に更に数日後~

亜美「ねーねーにいちゃーん、ブラックサンダー出せるようになった?」

P「んぐっぐっ・・・」

真美「頑張れ頑張れ!」

P「はぁっ・・・!でないな・・・」

亜美「ちえー、まだ兄ちゃんにはジクレンドが足りないんですな」

真美「そうみたいですな」

P「熟練度のことか?くっ、他のお菓子なら大体出せるようになったのにな」コロコロコロ

亜美「チョコボールだー!わーい!なに味?」ヒョイパク

真美「これもランダムっぽいね?あ、キャラメルだ」モクモク

 

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 22:18:42.58 ID:LUcLGplOo

あずさ「あらあら、私も頂いていいかしら」

P「どうぞどうぞ、なんならこんなのも」ポロポロ

小鳥「たけのこの里ですね?」

亜美「さすが兄ちゃん!分かってるぅ」モグモグ

真美「あれ?兄ちゃん、きのこの山は?」

P「え?いる?」

小鳥「私はきのこ派ですよ」

あずさ「私もどちらかといったらきのこの山ですね~」

 

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 22:19:25.70 ID:LUcLGplOo

亜美「んぇー?たけのこの里が一番っしょ!」

真美「えー!!きのこの山だよ!」

小鳥「お?これはもしかして」ガタッ

P「まさか音無さん達がそちら側とは思わなかったですよ」ガタッ

このあと、きのこの山とたけのこの里を使ったオセロ大会が開かれたとか
(大会で使用したきのこの山とたけのこの里は後で皆で美味しく頂きました)

 

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 22:20:36.40 ID:LUcLGplOo

~別の日~

伊織「はぁ~・・・疲れたわ。くたくたよ」ヘナァ

P「お疲れ様、伊織。オレンジジュースいるか?」

伊織「ええ、お願いするわ」

美希「はにぃ~美希にも何か欲しいの~」クタァ

P「美希もお疲れ様。生憎、俺からはチョコしかだせないぞ?」

美希「糖分は大事なの。じゃあイチゴババロア味のチョコ」

P「そんなのないだろ・・・これでいいか?」ポロッ

美希「チロルチョコのイチゴかぁ~、美味しいからいいけどイチゴババロアがいいなぁ」ペリペリモクモク

美希「ん~、でもおいひいの~」

 

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 22:22:17.85 ID:LUcLGplOo

P「伊織も何かいるか?」

伊織「・・・ボソッ」

P「ん?なんだって?」

伊織「きなこもち・・・」ボソッ

美希「でこちゃん、チロルチョコのきなこもちが好きなの?あはっ何だか可愛いの☆」

伊織「~~!!い、いいでしょ何でも!あとでこちゃんゆーな!」ポカポカ

美希「いたた、やーんでこちゃん怒ったのー」

P「俺もちょっと驚いたよ。ゴディバを出せとか言われるかと思ってたから」ポロッ

 

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 22:22:45.82 ID:LUcLGplOo

伊織「ふ、ふんっ!ゴディバなんて私からしたらその辺のチョコと大差ないわよ」ペリペリ

美希「きなこもちのほうが上なの?」ニヤニヤ

伊織「味が好みなのよ!それだけよ!」モクモク

伊織「~~~っ♪」

美希「そんな美味しそうな顔されちゃったら美希も食べたくなったの。ハニー?」

P「・・・お、おう。」ポロポロ

P(本当に美味そうに食べたなあ)

 

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 22:24:05.64 ID:LUcLGplOo

~また別の日~

小鳥「フーフー・・・、ズズッあちち」

P カタカタ

小鳥「ンググゥ~・・・苦い・・・」

P「どうしたんですか音無さん?」

小鳥「いえ、あの・・・頂いたコーヒーあったじゃないですか」フーフー

P「あーありましたね。まだ飲んでなかったや」

小鳥「あれが結構本格的なもので、私には苦味が強いかなーって」

P「そうだったんですね。ミルクは」

小鳥「あいにく切らしてて・・・」

 

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 22:25:18.24 ID:LUcLGplOo

P「たしか砂糖もこの前切れましたよね。つまりブラックですかそれ?」

小鳥「え、ええ。ちょっと挑戦してみようと。そしたら想像以上でしたぁ・・・」

P「ふぅむ」

P ティン!

P「音無さん、カップちょっといいですか?」

小鳥「え?あ、はいどうぞ」

小鳥(・・・ま、ままままさか間接ききききしゅしゅ?!」

P「声にでてますよ。違いますけど」

小鳥「はわぁ!?ス、スミマセン」

P「ンー・・・」ニュルルル

小鳥「わぁ・・・、液体状でも出せるんですね」

P「それで最後に」ポトポトッ

P「んで、かき混ぜて」マゼマゼ

 

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 22:26:11.80 ID:LUcLGplOo

P「さ、どうぞ音無さん。なんちゃってカフェモカです」

小鳥「あ、ありがとうございます」

小鳥「・・・ズズッ。ーッ♪」

小鳥「お、美味しぃ~♪」ハフゥ

P「それはよかったです」

小鳥「プロデューサーさん、何を混ぜたんですか?」

P「とっぷしーくれっとです」

小鳥「ただチョコを溶かし混ぜただけとは思えませんよ」

P「んっふっふ→♪さ、それじゃお仕事頑張りましょうか」

小鳥「はい!」

 

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 22:46:20.46 ID:LUcLGplOo

~またまた別の日~

雪歩「・・・」ゴクッ

P「・・・」スッ

真「んあー」

響「アー」

貴音「あー」

雪歩「・・・」

 

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 22:47:00.11 ID:LUcLGplOo

P「ハッ!」シュパパパッ

ヒューン

真「む!!」パクッ

響「ンム!」パクッ

貴音「!」パクッ

雪歩「わ、わ、わあー!すごいですぅ!」パチパチ

真「へへっ、やりましたねプロデューサー!」モグモグ

響「まさか発射角度と速度まで操れるようになるとはなー」ムグムグ

貴音「美味に御座います。さぁあなた様、この調子で参りましょう!」アー

P「よーし、プロデューサー張り切っちゃうぞー」スッ

 

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 22:48:39.82 ID:LUcLGplOo

やよい「プロデューサー!!食べ物で遊んじゃだめです!!」

P「わっ!やよいか!びっくりしたぁ」

やよい「プロデューサー?メッですよ」キッ

P「ハ、ハイ。ゴメンナサイ・・・」

やよい「わかってもらえたなら良かったですー。プロデューサー、はい」スッ

P「やよい・・・」ウルウル

やよいP「「ハイ、たーっち!」」パチンッ

真「さ、さぁボクたちはレッスンの時間だね?」

響「あ、そ、そうだな、行くとするさー」

やよい「真さん?響さん?・・・あと貴音さん?」キッ

真響貴音「「「ヒッ」」」

 

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 22:49:13.15 ID:LUcLGplOo

~アイキャッチ2~

亜美「今度こそブラックサンダーだよ!」

P「任せろ!ハッ!」ポサッ

亜美「おおおお!!これは!!」

ビッグサンダー

亜美「ビッグサンダーじゃん!!」バシッ

 

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:13:02.11 ID:LUcLGplOo

~んで~

春香「おはようございます!」アマミハルカデス!

小鳥「あら、春香ちゃん。おはよう」

P「おはよう春香。いつもながら早いな」

春香「えへへ、なんだか早く目が覚めちゃって」

P「遠くからなのにそれでも早起きなのか・・・何時起きなんだ」

春香「どんなに早くきてもいるプロデューサーさんに言われたくないですね~」

P「俺は比較的近いからな」

小鳥「今度宅飲みしましょうよープロデューサーさーん」

P「ソーデスネ」

小鳥「あ!春香ちゃん聞いた今の!言質取ったわよ!」

春香「え、あ、あはは・・・」

 

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:13:49.59 ID:LUcLGplOo

P「あ、朝といえば」

小鳥「思いっきり話題変えられた気がするわ」ピヨヨ

P「今朝、見たことないチョコを生成できまして」コトッ

春香「へぇー?見た目は普通のチョコですね。一口サイズですし」ヒョイ

P「俺が知ってる限りの市販品じゃないからさ。女性達なら何か分かるかなと思ってな」

小鳥「うーん。私も見たことはないですねー」

春香「食べてみましょうか?」

P「変に高級だったりすると合う合わないあるからな?美味しくなかったら食べなくていいぞ?」

春香「はーい。それじゃ頂きまーす」モグモグ

小鳥「私も一つ頂きますね」モグモグ

P「どうだ?」

春香「・・・・・・。プロデューサーさん・・・」

P「?」

 

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:14:29.72 ID:LUcLGplOo

春香「これ、物凄く美味しいですよ!」

小鳥「~~♪本当にね!」

P「そ、そうか。それはよかった」

春香「なんだろう。この、甘味の中にスパイスのようなハッとするような~ん~!」

小鳥「わかるわ春香ちゃん!言い表しづらいのよね、体がホワッとするというか?」

春香「そうですそうです!なんだかシャキッとするんですよ!」

P「お、落ち着いて二人とも。擬音ばっかりでサッパリだ」

ガチャッ オハヨーゴザイマース

春香「あ、皆きたみたい。おーい皆~コレ食べてみて~」タッタッタッ

P「あっ春香・・・行ってしまった」

小鳥「これは皆に教えたくなるくらい美味しいものですよ!もう一つ頂きますね♪」パクッ

P「まぁ、皆喜んで食べているから良いか」

ワイワイ オイシー デショー オイシイノー ワイワイ

 

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:15:11.00 ID:LUcLGplOo

~んでんで~

P カタカタカタ

小鳥 カキカキ・・・モジモジ

春香「・・・」モジモジ

P「・・・?音無さん、どうかしました?」

小鳥「んぇ?な、なにがでしゅか?」ビクッ

P「なんだかボーっとしているような、上の空というか」

小鳥「だ、だだ大丈夫です。あ、あの私ちょっとお手洗いにおほほほ」ガタッ

小鳥「んぃっ――っ!!!」ビクッ

 

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:16:05.79 ID:LUcLGplOo

P「ど、どうしました!?」

小鳥「だ!・・・ハァ、大丈夫です!から・・・」ヨロッ

P「とても大丈夫そうに見えませんよ。肩貸しますよ」カタッ

小鳥「あっ!ま、まって!今触らnんっ―!!」

P「音無さん!」ダキッ

小鳥「ぷ、ぷろりゅーさ・・・ん。少しこのままで・・・」ギュッ

P「え?・・・は、はい・・・」

小鳥「はぁ・・・プロデューサーさんの匂い・・・」クンクン

P「え、ちょ・・・っと音無さん?」

 

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:17:08.48 ID:LUcLGplOo

春香「ぷ、ぷろでゅーさーさん・・・」ヨロヨロ

P「春香?お前もどうしたんだ?」

春香「わ、私も・・・プロデューサーさんの匂い・・・」ヨロヨロ

P「えぇっ!わっ、とっ・・・うわっ!」ドッ(シリモチ)

春香「ぷろりゅーしゃーしゃん・・・」クンクン

P「は、春香まで・・・」

美希「はにぃ・・・ミキも・・・何だか変な気分なの・・・」ハァハァ

P「え、あ・・・?美希もなのか?」

 

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:18:08.28 ID:LUcLGplOo

あずさ「あら・・・あら?うふふ」フラフラ

伊織「ちょ・・・ちょっとあんた・・・ハァ、あのチョコに・・・ハァハァ、何混ぜたのよ」

P「こ、これは・・・み、皆!?」

P「混ぜたって・・・俺は何も・・・!」

P「まさか!?あのチョコって・・・!」

小鳥「ぷろりゅーさーさん・・・チョコ・・・ください」

P「音無さん!手を離してくだs」

小鳥「あむ」ユビパクッ

P(あ     )

そこからPの記憶は無い

HAPPY END

 

45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/15(木) 23:21:18.07 ID:LUcLGplOo

くう疲です!柿の種チョコはまじでオススメ。
依頼出してきます!

<過去に書いたやつとか>
亜美「手のツボマッサージ」
P「今日の昼飯はうどんだな」
P「最近、物がよく無くなるなぁ」

<他ゲー混合SS>
P「Wonderland Warsの世界での皆」

 

56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 20:29:44.86 ID:3sLrzpOjo 結局ブラックサンダーは出せなかったのか

元スレ
タイトル:P「手のひらからチロルチョコが出てきた」
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521117409/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

   【総合】アニメ・ゲームあんてなトップページへ
の話題が沢山。