柳瀬美由紀「最後のプレゼントはお兄ちゃん」

40pt   2018-06-13 08:05
SSマンション-SSのまとめブログ-

1: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:00:13.26 ID:3hZxmM+YO ピンクドットバルーンのみんながお祝いするお話です

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1521126013

2: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:03:14.62 ID:3hZxmM+YO 美由紀「ただい……」

パァンパァンパァン

美由紀「わわっ」

亜里沙智絵里かな子「「「誕生日おめでとう!」」」

美由紀「えっと……」

亜里沙「ふふ、驚いた?」

かな子「美由紀ちゃんを驚かせよと思って密かに準備してたんだよ」

智絵里「め、迷惑だった?」

美由紀「ううん、すっごく嬉しい!」

美由紀「みんなありがとう!」

智絵里「よかったー……」ホッ

3: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:05:27.77 ID:3hZxmM+YO モバP「さて、立ち話もなんだしご飯食べようか」

かな子「そうですね」

智絵里「美由紀ちゃんはこっちに座ってね」

美由紀「わーい、誕生日席だー」

亜里沙「それじゃあ料理運んできますね」

かな子「あっ、亜里沙さん私も手伝います」

美由紀「みゆきも手伝うよ!」

かな子「美由紀ちゃんは今日の主役だから座って待ってて」

美由紀「いいの?」

かな子「いいのいいの」

美由紀「じゃあ、そうするね」

智絵里「美由紀ちゃん、私と話してよっか」

美由紀「うん!」

亜里沙「あ、でもPくんは手伝ってね」

モバP「了解」

亜里沙「かな子ちゃん、これ運んでくれる?」

かな子「わかりました」

4: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:06:15.89 ID:3hZxmM+YO ……………………

………………

…………

……

5: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:08:00.04 ID:3hZxmM+YO 美由紀「うわー……すっごく豪華!!」

モバP「みんなで頑張って作ったからな」

智絵里「Pさん、あまり作ってなかったような」

モバP「この唐揚げは作ったから……」

かな子「漬けダレに投入しただけでしたよね?」

モバP「……」

モバP「そ、そんなことより食べよう! せっかくの料理が冷めるしな」

美由紀「みゆきお腹ペコペコだよー」

モバP「ほら、美由紀もこう言ってるし、な」

亜里沙「そうですね」

亜里沙「それじゃあ、いただきます」

4人「いただきまーす!」

6: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:10:39.01 ID:3hZxmM+YO 美由紀「ん~~この唐揚げおいしいっ!」

モバP「ホントだ、うまっ」

亜里沙「ウサコちゃん直伝の特製漬けダレに漬けこんでますから♪」

智絵里「亜里沙さん、今度作り方教えてもらえないですか?」

亜里沙「いいですよー♪」

智絵里「やった」

美由紀「みゆきにも教えてー!」

亜里沙「それじゃあ、今度みんなでお料理の授業でもしましょうか」

美由紀「わーい」

亜里沙「デザート系はかな子ちゃんに先生として教えてもらいましょ」

かな子「わ、私ですか?」

7: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:12:13.66 ID:3hZxmM+YO 亜里沙「前に私たちに作ってきたお菓子やケーキ美味しかったですから」※劇場第78話参照

美由紀「あの時のかな子ちゃんが作ってきたケーキすっごくおいしかったね」

智絵里「うんっ、すごくおいしかったよ」

モバP「あれは食べやすかったなぁ」

かな子「えへへ、みんなありがとう」

モバP「そういえば今日の誕生日ケーキはかな子が作ったんだぞ」

美由紀「ホント!? 楽しみだなー」

かな子「あ、あんまり期待されると……」

美由紀「かな子ちゃんの作るケーキは絶対おいしいから大丈夫だよ!」

智絵里「そうだよ、自信持って」

かな子「……うんっ、美由紀ちゃん楽しみにしててね!」

美由紀「うんっ!」

8: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:12:41.82 ID:3hZxmM+YO ……………………

………………

…………

……

9: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:14:17.68 ID:3hZxmM+YO モバP「ふぅー……食べたなぁ」

亜里沙「そうですね……」

モバP「でも、まだケーキ残ってるんだよな?」

かな子「はい」

モバP「んじゃ、持ってくるよ」

モバP「冷蔵庫?」

かな子「そうですけど、私が持ってきますよ?」

モバP「いいよいいよ、ほとんど何もしてないしな、これくらいは俺がやるよ」

10: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:16:20.37 ID:3hZxmM+YO 美由紀「ケーキっ♪ ケーキっ♪」

智絵里「美由紀ちゃん、まだまだ食べられる?」

美由紀「うんっ! まだいっぱい食べられるよ!」

智絵里「聞いた私が言うのもなんだけど、いっぱい食べてたよね?」

美由紀「いっぱい食べたよ!」

美由紀「唐揚げにサラダに……多分全部食べたんじゃないかなー」

かな子「美由紀ちゃんって体重軽いよね……」

かな子「何キロ?」

美由紀「えっと、33キロだったかな」

かな子「軽すぎるよ! 本当に食べてるの?」

美由紀「食べてるんだけどあんまり増えないんだ」

かな子「うそ……」

亜里沙「美由紀ちゃんの体の七不思議ね」

11: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:17:52.45 ID:3hZxmM+YO モバP「ケーキ持ってきたぞー……ってどうしたんだ?」

亜里沙「美由紀ちゃんいっぱい食べてる割に体重が軽いって話をしてたんですよ」

モバP「そのことか」

モバP「本当に軽すぎるんだよな」

智絵里「今日もいっぱい食べてましたよね」

モバP「今日もというか、いつもだぞ」

かな子「え?」

モバP「体重が軽すぎて心配だからよくご飯に連れて行くんだけど、いつもこれぐらい食べてるんだよ」

モバP「それでもなぜか増えないんだよ……」

美由紀「いっぱい動いてるからなのかなー?」

かな子「…………美由紀ちゃん、今度一緒にレッスンしよ」

美由紀「いいよー」

12: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:19:50.40 ID:3hZxmM+YO モバP「かな子……あんまり無理するなよ」

かな子「大丈夫です」

モバP「かなりハードだぞ」

かな子「え?」

モバP「見たことあるけど、ピンドバでレッスンするときよりハードだ」

かな子「えっと……やめとこうかなー……」

美由紀「えっ……」シュン

かな子「う、うそだよ、美由紀ちゃん! 一緒にレッスンしよ」

美由紀「ホント?」

かな子「ホントだよ」

美由紀「わーい」

モバP「かな子、がんばれよ」

かな子「はい……」

13: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:21:24.79 ID:3hZxmM+YO モバP「えっと、ケーキ食べるか」

美由紀「ケーキ!」

モバP「ロウソク、ロウソク……」

智絵里「Pさんここにありますよ」

モバP「おっ、ありがと」

モバP「ロウソク刺してー火をつけてっと」

亜里沙「じゃあ電気消しますねー」カチッ

4人「ハッピーバースデートゥーユー」

4人「ハッピーバースデートゥーユー」

4人「ハッピーバースデーディアみゆきー」

4人「ハッピーバースデートゥーユー」

美由紀「ふぅーーーーーー」

パチパチパチパチパチパチ

美由紀「みんな、ありがと!!」

モバP「流石アイドルだな、一発で全部消えた」

美由紀「えっへん」

かな子「それじゃあ、ケーキ切り分けるね」

かな子「美由紀ちゃんのにはチョコプレートものせるね」

美由紀「わーい」

14: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:22:44.65 ID:3hZxmM+YO

かな子「これPさんのです」

モバP「ありがとな」

モバP「これでみんなに行き渡ったかな」

美由紀「うんっ!」

モバP「もう一回になるけど、いただきます」

4人「いただきまーす」

美由紀「ん~~~~おいしい!!」

美由紀「やっぱりかな子ちゃんのケーキおいしいよ!」

美由紀「ねっ!」

智絵里「うん、おいしいね」

かな子「ふふ、ありがと」

美由紀「これならまだまだ食べられるよ」

モバP「そうだ、もっと食べろー」

15: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:24:10.45 ID:3hZxmM+YO ………………

…………

……

16: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:24:36.43 ID:3hZxmM+YO 美由紀「ケーキ美味しかったー」

美由紀「みゆき、もうお腹いっぱいだよ」

智絵里「私も……」

モバP「まぁ結構食べたしなー」

亜里沙「ケーキも食べ終わったし、最後に美由紀ちゃんにプレゼントをあげるわね」

亜里沙「私からはこれよ」

美由紀「開けていい?」

亜里沙「いいわよ」

美由紀「わぁー……ウサコちゃんのぬいぐるみだー!」

美由紀「ありがとー!」

亜里沙「喜んでもらえてよかった」

美由紀「あれ? これってもしかして……手作り?」

モバP「マジ?」

亜里沙「手作りですよー」

智絵里「すごくよくできてますね」

かな子「買ってきたって言われても違和感ないぐらい」

美由紀「今度ぬいぐるみの作り方おしえて!」

亜里沙「お料理教室の次ね」

美由紀「約束だよ!」

17: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:25:18.36 ID:3hZxmM+YO 智絵里「次は私から、これプレゼントだよ」

美由紀「智絵里ちゃん、ありがとー!」

美由紀「開けていい?」

智絵里「うんっ」

美由紀「クローバーのヘアゴムだ!」

智絵里「そうだよ、気に入ってくれた?」

美由紀「うんっ!」

美由紀「つけていい?」

智絵里「私がつけてあげるね」

智絵里「これで……よし」

美由紀「どうかな?」

かな子「美由紀ちゃん、似合ってるよ!」

亜里沙「そうね、すっごくかわいい」

美由紀「えへへ」

18: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:26:02.49 ID:3hZxmM+YO モバP「なぁ、智絵里」

智絵里「どうかしました?」

モバP「これって智絵里が前に付けてたやつ?」

智絵里「ええっと、それと一緒のものです」

美由紀「じゃあおそろいってこと?」

智絵里「そうなるのかな」

智絵里「迷惑じゃなかったかな?」

美由紀「ううん、むしろ智絵里ちゃんとおそろいで嬉しいよ!」

智絵里「よかった」

美由紀「今度お仕事でつけてくねっ!」

19: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:28:00.98 ID:3hZxmM+YO かな子「私からはこれだよ」

美由紀「ピンクのシュシュと水色のシュシュだ!」

かな子「智絵里ちゃんと似た感じになっちゃったけどね」

美由紀「ううん、いっぱいおしゃれできるから嬉しい!」

かな子「そう? 喜んでもらえてよかった」

美由紀「智絵里ちゃんから貰ったヘアゴムと交代で使うね!」

かな子「ありがと、でもヘアゴムとして使わなくてもオシャレのアイテムとしても使ってもいいんだよ」

美由紀「そっか、それだったらヘアゴムと一緒に使えるね!」

美由紀「さっそくつけちゃおっ」

モバP「ピンクは何となくわかるけど、どうして水色なんだ?」

かな子「美由紀ちゃんの服って意外と水色が多いんですよ」

モバP「……言われてみれば、確かに多いな」

かな子「だから、好きな色なのかなって思って選びました」

美由紀「どうかな?」

かな子「似合ってるよ」

智絵里「うん、すごくかわいい」

美由紀「えへへ~」

20: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:29:58.72 ID:3hZxmM+YO モバP「よしっ、最後は俺だな」

モバP「ちょっと待っててな」

美由紀「なにかなー?」

かな子「実は私たちも知らないんだよね」

美由紀「えっ、そうなの?」

かな子「うん」

智絵里「Pさん聞いても教えてくれなかったの」

智絵里「私たちにも隠す理由なんだろ」

亜里沙「ふふ、驚かせたいんじゃないかな」

かな子「亜里沙さんは知ってるんですか?」

亜里沙「一応ね」

亜里沙「プレゼント探しも手伝ったのよ」

智絵里「そうだったんですか」

亜里沙「きっと、みんな驚くと思うわ」

かな子「そんなにすごいプレゼントなんですか?」

亜里沙「ふふ、みてのお楽しみよ」

21: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:30:56.57 ID:3hZxmM+YO モバP「美由紀ー」

かな子「あっ、帰ってきたみたい」

モバP「俺からのプレゼントはこれだ」

3人「!!?」

モバP「ふぅー……重たかった……」

美由紀「すっごく大きい」

智絵里「Pさん、これって……」

モバP「そう! コストコのクマのぬいぐるみだ!」

かな子「よく手に入りましたね」

モバP「結構前から何度か買いに行ってたからな」

モバP「あと亜里沙さんにも探すの手伝ってもらったんだよ」

亜里沙「結局手に入ったの先週だったのだけれどね」

モバP「ホント、探すの手伝ってくれてありがとうな」

22: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:31:29.32 ID:3hZxmM+YO 美由紀「Pさん! ありがとー!」

モバP「喜んでもらえて嬉しいぞ」

美由紀「でも、これ部屋に入るかなー」

モバP「あっ……」

かな子「そこまでは考えてなかったんですね」

モバP「全く考えてなかった」

モバP「まぁなんとかなるだろ」

美由紀「ねぇねぇ! 写真撮ってー!」

モバP「いいぞ」

亜里沙「美由紀ちゃん、こうしたらいい感じになりますよー」

美由紀「クマさんに抱きしめられてる!」

モバP(かわいい)カシャカシャ

美由紀「みんなも一緒に撮ろー!」

智絵里「いいの?」

美由紀「うんっ! みんなで撮った方がいいからね!」

ワイワイキャッキャ

23: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:31:57.02 ID:3hZxmM+YO ………………

…………

……

24: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:32:48.80 ID:3hZxmM+YO 亜里沙「じゃあそろそろ片付けましょうか」

モバP「もうそんな時間か」

かな子「片付けは私たちでしておくんで、Pさんは美由紀ちゃんと待っててください」

モバP「え? 俺も手伝うよ」

かな子「私たちに任せてください」

モバP「でも……」

かな子「Pさんが一番楽しみにしてたじゃないですか、美由紀ちゃんの誕生日」

美由紀「そうなの?」

モバP「まぁそうだけど……」

かな子「だから最後はゆっくりとお話ししててください」

モバP「……お言葉に甘えて」

モバP「美由紀、あっちで待ってようか」

美由紀「うんっ」

25: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:33:22.26 ID:3hZxmM+YO モバP「……美由紀、何か欲しいものあるか?」

美由紀「えっ……プレゼントさっきもらったよ?」

モバP「あれは俺が選んだプレゼント」

モバP「それとは別に美由紀が欲しいものあげるよ」

美由紀「うーん……欲しいもの……」

モバP「なんでもいいんだぞ」

美由紀「……お兄ちゃん」

モバP「ん?」

美由紀「明日までお兄ちゃんって呼んでいい……?」

モバP「……」

美由紀「ううん、やっぱ今のなし!」

モバP「別に明日までじゃなくて、いつでもお兄ちゃんって呼んでもいいぞ」

美由紀「いいの?」

モバP「いいもなにも、なんでもいいって言ったしな」

モバP「むしろそんなお願いでいいのか?」

美由紀「うん」

モバP「そっか」

26: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:33:54.48 ID:3hZxmM+YO 美由紀「……」

モバP「でもさ、なんでお兄ちゃんって呼びたいんだ?」

美由紀「……みゆきね、こっちに来てから不安でいっぱいだったんだ」

美由紀「知り合いもいないし、いっぱいビルが建ってるし」

美由紀「Pさんみたいなお兄ちゃんがいたらなーって思ってたんだ」

モバP「なるほどな」

美由紀「だからね、お兄ちゃん」

モバP「なんだ、美由紀」

美由紀「ありがとう」ニコッ

モバP「おう」

美由紀「これからもよろしくね!」

モバP「それはこっちのセリフだ」ワシャワシャ

美由紀「わわっ……やめてよー」

モバP美由紀「「……」」

モバP美由紀「「あははははは」」

27: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:34:29.47 ID:3hZxmM+YO

かな子「なんだか楽しそうですね」

智絵里「そうだね」

亜里沙「Pくん、1週間ぐらいからソワソワしてたもの」

かな子「ふふ、そうでしたね」

亜里沙「ちゃちゃっと片付けて私たちも混ざりましょうか」

智絵里かな子「「はい」」

28: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:35:05.93 ID:3hZxmM+YO

モバP「あーそうだ」

美由紀「?」

モバP「お兄ちゃんって呼ぶのはいいけど、みんなの前ではやめてくれよな?」

美由紀「どうして?」

モバP「呼ばれてみて思ったんだけど、思ってたより恥ずかしい」ポリポリ

美由紀「もう、しっかりてよね、お兄ちゃん♪」

29: ◆NtxTVv4ssokL 2018/03/16(金) 00:37:48.05 ID:3hZxmM+YO 以上で終わりになります。

柳瀬美由紀ちゃん、誕生日おめでとうございます!!!!!
モバの方での再登場もそろそろだと思うので強SRください

元スレ
タイトル:柳瀬美由紀「最後のプレゼントはお兄ちゃん」
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521126013/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

   【総合】アニメ・ゲームあんてなトップページへ
の話題が沢山。