八幡「俺は雪ノ下を選んだ」

128pt   2018-05-16 19:05
SSマンション-SSのまとめブログ-

1: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 10:20:14.69 ID:UAc6Cp7C0 八幡(人生は苦いよな…)

八幡(俺がガムシロップ入れるのもそれが関係してたりするよ?いや、ほんと)

八幡(現実は苦いから、せめて空想の世界は甘くっていう言葉もあるけど)

いろは「先輩、ここの問題ってこうですよね?」

八幡「ん~そうだな、それであってる」

いろは「やった!これで完了~~!」

八幡「というか、なんで奉仕部の部室で、お前に勉強教えてんの?」

いろは「わたしに聞かないでくださいよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445822414


2: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 10:23:38.39 ID:UAc6Cp7C0 いろは「疲れましたね先輩、わたしにお茶淹れてくれてもいいですよ?」

八幡「なにこの女王様…」スタスタ

いろは「とかなんとか言って、やってくれるんですね」

八幡「お前、うるさいし」

いろは「人を犬みたいに言わないでください」

八幡(確かに、犬みたいなところもあるかな…)

いろは「ところで、雪ノ下先輩たち来ないんですか?」

八幡「雪ノ下は今日は家の用事で休みだ」

いろは「へ~詳しいですね~」

八幡「いや、さっき連絡しただけだけどね」

3: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 10:27:26.63 ID:UAc6Cp7C0 いろは「連絡取り合ってるなんて、恋人同士なだけありますねっ」

八幡「ここで言うか?それを…」

いろは「それで…結衣先輩は?」

八幡「いや、聞いてないけど、来るんじゃないのか?」

いろは「来てくれるんですか?」

八幡「さあ…」

いろは「そんな無責任な」

八幡「しょうがないだろ」

いろは「先輩が選んだんでしょ」

八幡「そうだけどな…」

八幡(俺は…雪ノ下と付き合い始めた)

八幡(彼女を選んだことになるのかね)

4: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 10:31:04.48 ID:UAc6Cp7C0 いろは「一か月もかけるとか、先輩へたれですよ~」

八幡「慣れて無さ過ぎたんだよこういうのに…」

いろは「まあ、それはあるでしょうけど」

八幡「それに…」

いろは「でも意外だったかも」

八幡「意外?」

いろは「先輩、答え出さないんじゃないかって思ってましたし」

八幡「…それも考えてたけど」

いろは「3人なんとなく平行線で卒業までって感じですか」

八幡「そういうことだな」

いろは「でも、答え出したじゃないですか」

いろは「ちょっと男らしいなって思いましたよ」

八幡「それはどうも」

5: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 10:34:52.90 ID:UAc6Cp7C0 いろは「む、あまり嬉しそうじゃないですね」

八幡「まあ、そりゃな…」

いろは「ダメですよ…そういう後ろ向きなこと考えちゃ」

八幡「……」

ガラガラ

結衣「や、やっはろ~~っ!」

いろは「あ、結衣先輩、やっはろ~~ですっ!」

八幡「お、おう…」

ゲシ

八幡(いてっ…!蹴られた…)

いろは「…」

八幡(睨まれてるし…)

八幡「よう、由比ヶ浜」(これでいいのか?)

結衣「う、うん…ヒッキーも…こんにちは…」

八幡(気まずいままじゃん…)

6: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 10:52:37.99 ID:UAc6Cp7C0 結衣「えっと、ゆきのんは…?」

八幡「用事で今日は来れないって言ってたぞ」

結衣「あ、そ、そうなんだ…」

八幡(安心したような表情だな…)

八幡(やっぱり気まずいか)

結衣「いろはちゃんと勉強してたんだ」

八幡「おう、まあな」

いろは「わたしも来年は受験生なんで」

八幡「俺たち、今が受験生だからね?」

7: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 10:57:29.19 ID:UAc6Cp7C0 結衣「でも、教えてあげた方が、自分も修得するって言うしさ」

八幡(由比ヶ浜が賢いこと言ってる)

いろは「そうですよ、先輩。わたしに教えるのは先輩のためなんです」

八幡「屁理屈だよねそれ……」

結衣「ここ、最近は勉強部屋になってるよね」

八幡「依頼も来ないっていうか、そもそも受験だしな」

いろは「引退…ですか」

八幡「まだ5月だし、早いかもしれんけど」

いろは「先輩たちいなくなったら、奉仕部って消えちゃうんですよね…」

八幡「小町に入ってもらうか?幽霊部員でもいいから…なんつて」

いろは「いいじゃないですか~」

八幡「おいおい、冗談だっての」

8: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 11:00:58.49 ID:UAc6Cp7C0 結衣「……」

いろは「結衣先輩…?」

結衣「え?うん、聞いてるよ?」

八幡(やっぱり、微妙な空気か…)

八幡「今日は雪ノ下もいないし、早めに閉めてどっか行くか?」

結衣「え?」

いろは「お~、先輩太っ腹です~!」

八幡「別に奢るとは言ってないけどな」

いろは「先輩、かっこ悪いですよ」

結衣「えっと…これから?」

八幡「ああ、大分早いけど、別に大丈夫だろ」

10: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 11:14:57.46 ID:UAc6Cp7C0 結衣「あ、でも今日は優美子と約束があるから」

八幡「三浦とか」

結衣「うん、ごめんね?」

八幡「いや、いいけど」

ガラ

三浦「結衣~いる~?」

結衣「あ、優美子」

三浦「どうなん?いつごろから行けんの?」

結衣「え~っと…」

八幡「すぐ行ってきたらどうだ?」

11: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 11:20:49.30 ID:UAc6Cp7C0 結衣「え、いいかな?」

八幡「戸締りくらいしかすることないしな」

結衣「ごめんね、じゃあ行ってくるね」

スタスタ

いろは「なんか、先輩優しくないですか~」

八幡「はあ?」

いろは「心の余裕が感じられますよ」

八幡「そんなことねぇよ」

いろは「雪ノ下さんゲットしたのは大きいですね」

八幡「違うっての」

13: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 12:04:01.01 ID:UAc6Cp7C0 喫茶店

三浦「結衣」

結衣「え、なに?」

三浦「あのさ、元気出しなよ」

結衣「え、なに言ってんの?優美子…あたし元気じゃん」

三浦「…」

結衣「元気…だよ…」

三浦「全然見えないっての、下手な演技もそこまで行くと大したもんだし」

結衣「元気だよ…ホントに」

14: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 12:11:54.02 ID:UAc6Cp7C0 三浦「無理すんなっての、特にあーしの前で」

結衣「……優美子」

三浦「核心つくようで悪いけどさ」

結衣「うん…」

三浦「ヒキオと雪ノ下さんが付き合い始めたからだよね?元気ないの」

結衣「…それは…」

三浦「答えて」

結衣「…うん、そうなるかな」

三浦「やっぱりそっか」

結衣「あははは、きっぱりと振られちゃったよ~」

三浦「そんな、元気に言えることじゃないんでしょ」

結衣「あ、あはははは…」

15: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 12:15:11.57 ID:UAc6Cp7C0 三浦「あーしとしてはどうなるのかなって思ってたけど」

結衣「優美子も、思ってたんだ…」

三浦「ヒキオのことだから、なにもせずに終わるとも思ってたけど」

三浦「大胆に動いたね、あいつも…ホント」

結衣「…」

結衣「…どうして、あたしじゃなくて、ゆきのんだったのかな…」

結衣「あたし、結構がんばってアプローチしてたんだけどな…」

結衣「……うっ…」

三浦「結衣…あんたそんなに、ヒキオのこと…」

結衣「ごめん…変なところ見せて…」

三浦「謝んなくていいっての」

16: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 12:20:05.72 ID:UAc6Cp7C0 結衣「……」

三浦「結衣さ、気持ちは察するけど…」

結衣「うん…」

三浦「気分変えるのも重要だと思うんだよね」

結衣「そうだけど……」

三浦「あんたと付き合いたいって奴いんだけどさ」

結衣「え~~?なにそれ…」

三浦「まあ、あんたも顔見知りとは思うけどさ」

三浦「試しにって言ったら変だけど、付き合ってみたら?」

結衣「優美子…そんなの…」

17: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 12:23:46.02 ID:UAc6Cp7C0 三浦「悔やんでも、ヒキオ戻って来ないし」

結衣「それは…そうだけど…さ…」

三浦「それに…あんたのそういう表情、あーしも見たくないんだ」

三浦「辛そうだもん」

結衣「優美子……」

三浦「結衣は付き合ってないからわからないかもだけど」

三浦「結構付き合うのって軽いもんだよ」

結衣「そうかな…」

三浦「まあ、雪ノ下さんがどうかはわかんないけど」

三浦「とにかく会ってみるだけでも、変わってくると思うよ?どう?」

結衣「……うん、そうだね…わかった」

20: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 17:09:33.31 ID:UAc6Cp7C0 いろは「先輩、今日はごちそうさまでしたっ!」

八幡「一色…食べ過ぎ…奢りだからって…」

いろは「先輩の器の大きさには脱帽ですっ!」

八幡「絶対褒めてないだろ」

いろは「まあ、いいじゃないですか。これから雪ノ下先輩に似たようなことするんですよ?」

八幡「それは…そうかな」

いろは「こういうのも練習ですって」

八幡「なんか都合のいい解釈だな」

21: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 17:12:17.70 ID:UAc6Cp7C0 いろは「それはいいんです。問題はちゃんと雪ノ下先輩と楽しんで付き合ってくださいよ?」

八幡「どういう意味だよ…?」

いろは「ホントにわかってないんですか?」

八幡「…」

いろは「中途半端に付き合っちゃうとか…一番駄目ですからね?」

八幡「…」

いろは「先輩はもう答え出したんですから」

八幡「わかってるっての…」

いろは「恋愛初心者の先輩には周りに気を遣う余裕なんかないはずです」

22: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 17:16:19.67 ID:UAc6Cp7C0 八幡「恋愛初心者って…合ってるが…」

いろは「わたしが言いたいのはそのくらいです、今のところ」

八幡「なんでお前がそんなこと言うんだよ…これ3人の問題だぞ?」

いろは「そんなことないです」

八幡「ん?」

いろは「なんでもありません、先輩はこういう時はバカですから…」

八幡「…?」

いろは「もう帰りましょうか、先輩っ」

八幡「…そうだな」

いろは「こんなところ、雪ノ下先輩に見られたら大変ですし」

八幡「そういうこと言うなよ…怖いからね」

24: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 17:51:56.66 ID:UAc6Cp7C0 いろは「どこかで見てるかもしれないですよ?」

八幡「いや、家の用事って言ってたし」

いろは「ああ、雪ノ下先輩の家系凄いですもんね」

いろは「侯爵?王族?」

八幡「そんな天皇家じゃねぇよ…上流階級かもしれんけど」

いろは「ノリ悪いです先輩~」

八幡「俺は陽乃さんの方が怖いんだけどね…」

いろは「あ~なるほど~」

いろは「それじゃあ、先輩。こっちなんでもう行きますね」

八幡「おう」

いろは「それじゃ、また明日!」

25: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 17:57:00.75 ID:UAc6Cp7C0 翌日

スタスタスタスタ

八幡「眠い…このまま帰って寝てしまいたい」

雪乃「なにを言ってるのかしら、あなたは…朝から」

八幡「雪ノ下…」

雪乃「おはよう、朝から陰鬱な顔をしてるわね」

八幡「相変わらず、毒舌が冴えわたっているようで…」

雪乃「私は、あなたのそんな陰鬱な表情も嫌いじゃないけれど」

八幡「……」

雪乃「な、なんとか言って…黙るのはズルいわよ…」

八幡「先に行く」スタスタ

雪乃「ちょ、比企谷くん…!私の努力を笑いものにする気かしら?」スタスタ

八幡「う、うるせ…」

雪乃「……!」

八幡(雪ノ下の顔、まともに見れん…)

26: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 18:01:23.12 ID:UAc6Cp7C0 教室

戸塚「八幡」

八幡「戸塚…おはよう」

戸塚「うん、おはよう」

八幡(よし、今日も一日がんばれるな)

戸塚「でもさ、朝、雪ノ下さんとはあんなだったのに…僕には普通に挨拶とか」

戸塚「順序が違うよ」

八幡「…見てたのか?」

戸塚「うん、まあね。たまたまなんだけど」

八幡(なんか……布団ないですかね…もだえ苦しみたい…)

戸塚「二人の貴重なやり取り見れたし、おもしろかったけどさ」

八幡「いや、おもしろくねぇから…」

27: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 18:06:36.34 ID:UAc6Cp7C0 戸部「隼人君~今日はカラオケ行くっしょ?」

葉山「ああ、構わないけど、最近よく行くな」

戸部「ほら、なんての?嵌り時期ってあるじゃん?あれあれ」

葉山「嵌り時期?そんな言葉あるのか?」

三浦「結衣~~」

結衣「なに…」

三浦「ほれほれ」ツンツン

結衣「きゃあっ、なに急に~~!」

三浦「元気だしなよ、元気」

結衣「う、うん」

28: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 18:12:12.91 ID:UAc6Cp7C0 ワイワイ

八幡「…」ジー

戸塚「どうしたの?八幡…」

八幡「いや…」

八幡(由比ヶ浜の奴……どうなんだろうな)

八幡(一色にも注意されたな…俺には余裕ないしな)

————————————-

奉仕部

雪乃「比企谷くん、お茶はいるかしら?」

八幡「ん、ああ」

雪乃「じゃあ、淹れるわね」

雪乃「ところで、由比ヶ浜さんは?」

八幡「……さあ…」

雪乃「一緒には来ていないの?」

八幡「来てない」

雪乃「以前は一緒に来ていたことも多かったのに」

29: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 18:14:55.15 ID:UAc6Cp7C0 八幡「あのな…」

雪乃「…」

八幡「俺たちの関係も変わっただろ…」

雪乃「ええ…」

八幡「全く、以前と同じってわけには…いかないだろ」

雪乃「そうね…そうかもしれないわ」

八幡「…」

雪乃「でも…やはり寂しいわね…」

八幡「雪ノ下にとって、由比ヶ浜は特別か?」

雪乃「それはもちろんよ」

30: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 18:18:46.79 ID:UAc6Cp7C0 雪乃「あなたも同じでしょう?」

八幡「そうだな…」

雪乃「3人で、この1年頑張ってきたんだから…」

雪乃「それは、この先を考えても、かけがえのない財産になると思うわ」

八幡「なら……やめるか?」

雪乃「…え?」

八幡「元の関係に戻るか?由比ヶ浜にもそう伝えるか?」

雪乃「…」

八幡「お前が、辛いんなら…」

雪乃「嫌よ」

八幡「…」

31: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 18:22:23.70 ID:UAc6Cp7C0 雪乃「あなたを誰にも渡す気はないわ」

八幡「雪ノ下…」

雪乃「…比企谷くん」

八幡「なんだ…て、んっ」

雪乃「んっ…チュ…」

八幡「む…むぐ……」

八幡(…雪ノ下って…こんな積極的だったの…?)

雪乃「ん…」

八幡「むむ…」

八幡(人間って優先順位があるよな…絶対…)

八幡(雪ノ下って、その優先に忠実そうだ…)

32: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 18:26:46.84 ID:UAc6Cp7C0 八幡「な、なあ…雪ノ下…」

雪乃「…なに?」

八幡「キス…長くないっすか…?」

雪乃「いいじゃない少しくらい…誰も見ていないわ」

八幡「そういう言葉が、いちいち…」

雪乃「理性はどうしたの?あなた…」

八幡「いやいや、雪ノ下に言われたくないぞ…」

ガラガラ

結衣「やっはろ~~!」

雪乃「…!」

八幡「由比ヶ浜…よ、よう…」

33: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 18:31:09.75 ID:UAc6Cp7C0 結衣「あれ…?どうしたの…?」

雪乃「いえ…なんでもないわ」

結衣「…そう?」

八幡(あぶねぇ…もう少し近づいてたら、バレテたか…離れてて良かった…)

雪乃「こんにちは、由比ヶ浜さん」

結衣「うんっ」

雪乃「紅茶はいるかしら?」

結衣「あ、もらえる?ありがとう」

八幡(元気に見えるな?それとも、まだ無理してるか?)

34: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 18:35:33.31 ID:UAc6Cp7C0 雪乃「…それじゃあ、勉強をしましょうか」

八幡「依頼来ないしな」

雪乃「もう、3年になったもの。引退のようなものだから、来ないのも無理はないわ」

八幡「もう奉仕部の活動は終了か…」

雪乃「私としては残念ね」

八幡「そうか?」

雪乃「あなたの活躍が見れなくなるから」

八幡「な…」

雪乃「あなたは、依頼の時は人が変わったように頼りがいがあったわよ」

八幡「それ…やっぱり毒舌ですよね?」

雪乃「どうかしら?」

結衣「……」

35: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 18:38:25.35 ID:UAc6Cp7C0 結衣「えっと…あのさ」

雪乃「由比ヶ浜さん?どうしたの?」

結衣「今から、勉強するってなってるけど…」

雪乃「ええ」

結衣「今日もちょっと、予定があってさ。とりあえず顔出しただけなんだ」

八幡「三浦と約束か?」

結衣「ううん、男子と約束…男子と」

八幡「……」

結衣「……」チラ

雪乃「男子?葉山君かしら?」

結衣「ううん、違うよ」

36: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 18:42:36.39 ID:UAc6Cp7C0 八幡「なら、戸部とその周辺じゃなさそうだしな」

結衣「ヒッキー、ひどいよ…確かに違うけどさ…」

結衣「隣のクラスの子なんだけどさ」

八幡「知らない奴か」

結衣「ヒッキー達も顔くらいは見てるかもだけど」

雪乃「その人と、出かける用があるのね」

結衣「うん…だから、ごめんね?」

八幡「それなら仕方ないか」

雪乃「行ってらっしゃい、気を付けてね」

結衣「…ヒッキー…」

八幡「なんだ…?」

結衣「…なんでもない、行ってくるねっ!」

44: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 21:13:27.69 ID:shS55I4iO ガラガラ

雪乃「…」

八幡「俺たちだけで、勉強するか」

雪乃「ええ、そうしましょう」

ーーーーーーーー

八幡「もうこんな時間か…」

雪乃「それなりに問題はこなしたわね」

雪乃「あなたはやはり数学が問題ね」

八幡「わかってるっての…」

雪乃「わかってるなら、少しは克服しないと駄目でしょう」

八幡「一応やってるけどね」

雪乃「おそらく量の問題ね、国語は大丈夫だから数学に回せばいいのよ」

八幡「苦痛だな、それ…」

45: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 21:17:15.23 ID:shS55I4iO 雪乃「今度、私のマンションで勉強しましょうか」

八幡「えっ?雪ノ下のか?」

雪乃「数学を教えるわ」

八幡「お、おう…それはありがたいけど…」

雪乃「どうかしたの?」

八幡「いや、なんでも…」

雪乃「??」

八幡(俺は理性の怪物…理性の怪物…)

48: ◆MVGqLUbObA 2015/10/26(月) 22:02:42.28 ID:shS55I4iO ガラガラ

いろは「いや~~遅れちゃいました1f3b5.png

   【総合】アニメ・ゲームあんてなトップページへ
の話題が沢山。